So-net無料ブログ作成

劇場版 もう一回見に行ってきました [番外]

先週の日曜日、劇場版をまた見に行きました。 富士スピードウエイのイベントに行った後、そのまま三島に宿泊予定だったので上映館を探したところ、地元の三島は10日で上映終了ということ。 他にないかと調べたら、小田原が夕方からやってる。 富士を2時半ころに出て、ホテルにチェックインして新幹線に乗れば間に合うかな? ところが、直前に上映時間をチェックすると、日曜日は午前中から! ありゃりゃ。 ダメもとで、もう一回三島の上映を調べると17日まで延長。 上映時間も4時15分から、やった行ける!

224.jpg

ほいで、行ったのがシネプラザ・サントムーン柿田川。 4時前について、お土産買って劇場に。

225.jpg

お客さんは20人くらいでした。  前回2回は原作を読む前でしたが、今回は原作よく読んで、年表も作って時代背景をよく理解して、そしてサントラの劇中歌もよく聞きこんでの視聴。 おかげで、今まで気付かなかった演出などにも気づくことが出来ました。 前回は2回とも、なぜか例の旗を見逃していたのが今回はしっかり確認できました。 闇市の千福の看板もわかったし、ジープを観察する大塚少年も確認できました。 あの道の塀の向こうにはクレーンが見えてたんですね。 少女と母の登場シーンには、ちゃんと朝食のカットも入っていたんですね。 今回は、ほんとに良く見えた。 もう一回行ったら、また違うものが見えるかな。 

原作を読んで数か所 疑問に思っていたことがあったのですが、劇場版ではしっかりとフォローがされていました。 さすが時間をかけて作っただけあるなぁ。 今回、印象に残った演出は すずが呉に初めて来たころの空気感。 遠くに演習の大砲の音や、航空機のエンジン音が聞こえて来て、いやがおうにも軍都って感じが出ていましたね。 

そして、今回一番ツボにはまったシーンは里帰りの時の浦野家の夕食! 公式HPの”すずさんのありがとう”メッセージの中にもチラっと出てきますが、ニシガイとかマテガイを煮た鍋。 鬼ぃちゃんのことを心配しながらも、貝をホジホジ食べてるのが良かった。 径子さんじゃないけど、まさに”漁民の夕食”。 美味しそうでした。

ちなみにサントムーン柿田川のHPを確認すると、”ついに24日で上映終了!”。 やめるやめる詐欺か! でも実際、今週か来週末で上映終了のところ多いよね。 山口みたいにこれから上映とか、浜松のシネマイーラみたいに再上映開始ってところもあることはあるけど。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック