So-net無料ブログ作成

アクションの特別再録はいつまで? [番外]

 当初 3回といわれていた、アクションの特別再録。 ”好評につき延長します”の連続で、現在発売中のH29年7月18日号で第16回(リンに絵を届ける回)まで来ました。 次号(7月18日発売のH29年8月1日号)の掲載も決まっているので、第17回(小林の伯母さんたちが荷物疎開の回)まではやりますが、いったい いつまでやるのでしょうか?

 参考になるのが、中国新聞の有料増刊といえる、「中国新聞SELECT」の”連載”。 こちらでは、原作を毎週土曜日の号に第18回まで連載することが予告されています。 第18回は、竹槍訓練の回。 すずが、リンと周作の関係に気がついてしまう回ですね。 これから、ストーリー的にも戦局的にも佳境に入っていく、一番おいしい時で掲載を終えて、あとはコミックスを買ってね、ということでしょうか。 まあ、双葉社さん、また新装版の時の過ちを繰り返していて、今、コミックスが大量に書店に溢れていますもんね… (第19回には、朝刊には載せにくい例のシーンもあるし)

 アクションのほうでも、8月1日発売のH29年8月15日号で第18回掲載の予定ですが、ちょうど7月28日の公式ファンブックの発売まで引っ張れて、ここら辺がちょうどいい潮目なのかな。 いや、ひょとしたら来年のアカデミー賞くらいまでやるかも...

 アクション今号では、高橋留美子さんの応援漫画が掲載されていましたが、のんさんをスゴイ褒めていたのが印象的でした。


(H29年9月15日追記)

 現在、9月19日号に「第20回 19年11月」が再録され、次号も再録と告知されています。 本当に最終回までやってしまうのか? ところで、再録がこのまま続くと、いいことが一つあります。 コミックスの加筆箇所が読み比べで判るのです。 「第11回 19年7月」の再録では、呉初空襲警報の日付けが古いままでした。(そうだったよね、確か…) つまり、H19年掲載時の原稿が修正なしでそのまま再録されているのです。 コミックスで加筆されているとされているのが、一月後に掲載予定の「第22回」、そして「第31回」「第34回(これは街が燃えるシーン?)」「第39回」です。 これは、わざわざ国立国会図書館とかに行かなくても調べられるので、便利っちゃあ、便利ですね。


(H29年10月16日追記)

 H29年10月17日号に再録の「第22回 (19年12月)」。 あれ、コミックスと同じだ! じゃあ、今再録されているのはコミックス用の原稿ということ?? 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0