So-net無料ブログ作成
検索選択

呉へ! 晴美を探す旅に出る [番外]

 「この世界の片隅に」連載終了後、こうの先生が呉市のために描いた観光ポスター。 そのうちの1枚には晴美が描き込まれているという。 そのポスターに興味を持った私は、ネットでいろいろと調べてみた。 最近では、こうの先生の原画展の会場や、福知山のシネマの企画展で飾られていたという。

 このポスターはH22年ころ、呉市内の公民館や主要な観光施設に大量に配布されたという。 余ったものをタダで貰って帰ったという市民が結構いらっしゃったようだ。 このポスター、いまだに呉市のどこかに色あせた状態で貼られたままになっていないか? 私はさらに調べてみた。 主な目撃情報は、H23年6月に市役所1Fの協働センター、H24年5月 ヤマトギャラリー零の原画展にて、H24年6月 入船山記念館の郷土館、そして昨年(H28年)12月に呉駅の観光案内で目撃情報があった。 呉駅の観光案内所はかなり希望が持てそうだ。 私はGWの帰省時に呉を巡る計画を立て、そして実行した。

 H29年5月1日、帰省先の山口から始発のレールスターに乗って広島へ、そのまま呉線に乗り継ぎ、8時半過ぎに「宇宙戦艦ヤマト」のテーマソングに迎えられて呉駅に着いた。

028.jpg

 平日とあってか、呉駅の改札はたいへん混雑していた。 駅構内には劇場版のロケ地マップなどが展示してあった。 早速観光案内所を探した。 案内所は駅からゆめタウン方面に抜ける東側の連絡路のそばにある。

008.jpg

 あった! 駅側の入り口の内側に、例の観光ポスターがある。 しかし、まだ開館前だ。 10時までにはポポロシアターに行っておきたいので、とりあえず市内に向かうことにする。

 駅前から図書館、文化ホールの位置を確認(開館前)し、体育館へ。 中には入れたがポスターは見当たらない。 そして呉市役所に。 旧庁舎は7月1日の市街地空襲の際も原形を留めていたというが、今は近代的で開放感あふれる庁舎である。 中には劇場版関連のパネル展示があった。 その市役所の1F、市民用のカウンターの反対側の国際協力コーナーの一角に協働センター受付はあった。 その横のガラスの壁に覆われた作業スペース内に、パネルに入れられた1対の観光ポスターを認めることが出来た。 だが、あいにく今日は協働センターに常駐の職員がいない。 協働センター自体の休みは木曜だが、本日(月曜)のように常駐者がいない場合もあるようだ。(別のところに協働センターの本体があり、そちらにはいるようです) とりあえず、あることは確認したので商店街のほうに向かう。

029.jpg

 中通り(現れんが通り)の商店街ではロケ地マップは多く見かけたが、例の観光ポスターは見かけなかった。 呉は観光都市でもある。 次から次へと新しい企画が出るので、7年前のポスターの居場所はないのだろうなと、何となく納得しながら市内のスイーツ処を散策し、ポポロシアターへ。 ちなみに、”ヤマトギャラリー零”はポポロの斜め前にあるそうですが、私は大和ミュージアムの中にあると思い込んでいたので、(2・3度前を通ったと思うが)まったく気づきませんでした。

 劇場版を見たのち、小春橋などを散策して駅前に戻る。 道中、色んな店先を覗いて見るが、やはりロケ地マップはあっても観光ポスターは見当たらない。

030.jpg

 駅前の”森田食堂”で昼食。 他の人がみんな頼んでいた中華そばと出汁巻き卵を頼む。 我が故郷 山口の「亀山食堂」のラーメンに通じるものがある味。(亀山食堂より、ちょっと塩分多め。 これが呉の基準の味なんだろうな) 美味しゅうございました。 こういう食堂はいいね。 今度は、夕方じっくり飲みながら楽しみたい。

 さあ、いよいよ駅前の観光案内に突入。 まずは市内のバス路線図を入手して、あらためて館内を見渡す。 劇場版ポスターにロケ地マップ。(一式貰う) おお、受付の横の壁には劇場版準備段階に作られたポスターが。

031.jpg

 これが見られるとは思ってなかった!

032.jpg

 青葉のもある!

033.jpg

 こちらは、片渕さんのサイン入り。 設定資料をもとにしているようだけど、本当によく作りこまれている。 それにしても、片渕さんたちもすごいけど、呉・広島の人たちもスゴイよね。 よくも6年間待ち続けたよね。 いや、待ってただけじゃなくて支援もしてたんだから。 広島の人って、そんなに忍耐強いんでしょうか? あー、でも、マツダのロータリー開発ストーリーを思いおこせば、それもまた納得。 マツダの252iがルマンに挑戦し始めたころ、誰もこのメーカーが勝つだなんて思ってなかったもの。(たぶんマツダ社員も...)

 そして念願の観光ポスターに向かう。 あった、そして、会えた!

034.jpg

 こちらは”過去編”。 まだまだ(比較的)平和な時代。

035.jpg

 径子が10歳くらい? 着物の柄は”柳に燕”。 ”梅に鶯”同様、おめでたい図柄で花札の絵にもなっているものですね。

036.jpg

 周作は5歳くらいか。 ということは大正末か昭和のはじめくらい。 大和は計画(A140計画)すら出来ていませんね。 そして、その大和が建造されたドックが描かれているのが”現代編”。

037.jpg

 現ジャパン・マリンユナイテッドとなっているドック。 その手前の道路には...

038.jpg

 晴美。 ちなみに、晴美がいるところには歩道はありません。 普通の人間は行けないのであしからず。 それにしても、こうの史代という作家の恐ろしさよ。(←褒めています) こういうことを、さらりとやってのけるところに、ファンは惹かれるのです。(広島風に言うと”男気”ですね、女の人だけど) 晴美は今も呉の港を見守ってくれているのですね。

 どうやら、このポスターは劇場版コラボで飾られているのではなく、「日本観光ポスターコンクール」入賞作品として掲示されているようです。 ひょっとして観光情報プラザの人、このポスターの真の価値を知らないで飾っている? まさかね。

 次は入船山方面へ。 駅前より音戸・警固屋方面バスに乗って”子規句碑前”で下車。

039.jpg

 大和のドック。 大和の塔のところにある歩道橋から望む。 ドックの建屋が不ぞろいなのは、中で建造中の船の大きさを悟らせないためだそうです。 さて、例のポスターはどこからスケッチされたのか? 事前にGoogleで宮原小学校あたりだと見当をつけていたので、そちらに向かう。

040.jpg

 ああ、ここだここだ。 木が大きくなってますね。 ”あの道”は、現在は国道487号線になっています。


(H29年6月5日追記)

 なお、劇場版では、上の写真の撮影ポイントそのものが”あの道”に設定されているそうです。 すなわち、宮原小学校の校庭の下側の市道(句碑丸子谷線)ですね。

055.jpg

 観光ポスターの晴美の位置と撮影ポイント(劇場版での”あの道”)の位置関係はこうです。 


 感慨にふけりながらも坂を下り、入船山記念館にむかいます。

041.jpg

 海自の呉地方総監部、向こうには大和ミュージアムとてつのくじら館、そしてゆめタウン呉が見えます。 

042.jpg

 入船山記念館に到着。 山側にあるかと思ってた。 かつて観光ポスターが置いてあった郷土館はこの手前。 チケット売り場を兼ねています。

043.jpg

 中には昔のものの展示がありましたが、残念ながら観光ポスターはなし。 事務所の奥のほうにも見当たりません。

044.jpg

 代わりに置いてあったのがロケ地マップ。 これ、呉に行って初めてわかったけど、結構詳しいです。 至れり尽くせりの情報満載。 スタッフの作品愛を感じられます。 別館で呉市の成り立ち、昔の地図を確認したのち、隣の美術館に。 劇場版公開を記念してこうの先生の原画展が開かれていたので、ミュージアムショップに図案集が残ってないかなと思ってたんですが… ミュージアムショップ自体がない。 隣のカフェがある別館には単行本やロケ地マップを確認できましたが、やはり観光ポスターはなし。 あまり収穫の無かった入船山地区でしたが、これでなんとなくわかった。 観光都市である呉では、昔のポスターを貼ったままにはしていないのだなと。 

045.jpg

 入船山記念館の向かいにある海軍病院の階段跡。 市内に向かい、とりあえずホテルにチェックインしよう。 途中、天明堂さんで”おんらいまんとう”を購入(パイン・れもん3個セットを買ったら、それぞれ1個ずつおまけがもらえました)。 その隣の”制服のフジ”さんでグッズを確認。 ここは本職は官給品の装備を作っているところですが、劇場版コラボグッズの製作も手掛けておられます。 今度は是非、”金魚柄のハンカチ”も作ってください。 ここでは、海自ティディベアを購入しホテルへ。 

 ホテルに荷物を置いて、てつのくじら館(劇場版と青葉の説明パネルあり)、大和ミュージアム、ゆめタウン呉、フェリー乗り場、呉マリンと回る。 やっぱり観光ポスターはない。 

046.jpg

 フェリー桟橋から見た大和のドック。 なかなか、”朽ち果てた観光ポスター”はないな。 どこかの公民館とかにないかな? ホテルで水分補給して図書館に。 図書館では、昔の呉市の写真などを探したが、あまり郷土ものは見つからず。 コミックのコーナーにこうのさんの作品があったのと、歴史のコーナーに歴史街道の呉特集本(こうのさんのインタビュー記事あり)があったくらい。 早めに図書館を切り上げ、小春橋から灰ヶ峰を望み、駅前で広島の先輩と合流して呉の地酒で乾杯。

 翌日はレンタカーを借りて、江田島の公民館(ポスター見つからず)、第1述科学校見学、長迫海軍墓地、三つ蔵、灰ヶ峰山頂と回り、呉港へ。

047.jpg

 フェリーに乗って呉を離れ、広島へ向かいます。 ありがとう、すずさんの街 呉。

 結局、確認できた観光ポスターは観光情報プラザと市役所の2セットのみ。 でも、きっと どこかに、呉市の片隅に、晴美が待っていてくれるかも知れないと 今でも思うのです。(情報はH29年5月1日時点のものです)

 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0