So-net無料ブログ作成
検索選択

第13回 19年8月 [中巻]

「第13回 19年8月」 掲載 ’07年(H19年)8月23日号 (発売日 同年8月7日ころ)

ありの世界に迷い込んだすず

 タイトルバックは巨大お菓子の中で配給の行列に加わるすず。 他のご婦人方が黒服なので、まるでありの世界に迷い込んだようだ。 炎天下、人間様が行列に並ばされる様を揶揄しているようだ。 ところで、何故、ほかのご婦人は黒服なのか? 皆さん、お葬式の帰り? ひょっとして、身内に戦没者がいる女性を黒服で表現しているのではなかろうか? この時点では、北條家にも浦野家にも戦没者はいないことになっている。 北條家はお父さんが工廠の技師、周作が軍法会議の録事なので、(今のところは)出征することはない。 第11回で分かるように、北條家の属する隣保でまだ兵隊にとられてない男手は、北條父子と刈谷さんの息子さんだけ。 この時代としては、北條はかなり特殊な家なのだ。 

砂糖の配給停止 

 砂糖の配給が停止に。 いよいよ、食糧難は深刻になるが… この時代の農村崩壊は、「ユリイカ こうの史代特集号」の雑賀恵子さんの記事に詳しい。 でも、何故かあるところにはあるのだ。 

ありこさん

 今回は前半がサイレントで描かれる。 ありが砂糖を狙っている様子と すず+晴美の攻防が楽しい。(人類の自滅で終わるのだが…) そういえば、子供の頃は”ありこ”って言ってた言ってた。 懐かしい。

現代の物価を予言するすず

 不足しているはずの食糧・物資があふれる闇市に圧倒されるすず。 劇場版で”スイカは作っちゃいけない”云々とあるのは、スイカのようなぜいたく品よりも、米などの代用となるカボチャやイモを作るように指導されていたから。 第24回で呉駅で検量していたのは、この闇市へ流れる物資の移動を規制しているはずなのだが、みんなうまいことをやっているようだ。 闇市の物価におびえ、将来の物価上昇を危惧するすず。 なぜか、現代の物価水準をことごとく的中させているのが可笑しい。 

 大丈夫ですよ すずさん。 僕たち ちゃんと生きてます。 あなた方が必死に生き抜いてくれたおかげです。

 8月3日、サイパン島の南のテニアン島が陥落。 米軍は日本軍が整備していたハゴイ飛行場を拡張整備、同時に島東部にウエストフィールド飛行場を建設。 これらがB-29による日本本土爆撃の拠点となる。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: